美容医療における脱毛の進化

現在、日本では誰にも必要な医学と美容面における医療の2つがあり、どちらも目覚ましい発展を遂げています。
共に実践や教育においてのシミュレーションを重ねることで安全に今後も発展ができるわけです。

さて、医療脱毛というのは言い方を変えれば永久脱毛ともいえるわけで、
それだけ脱毛の効果も高いと言っていいでしょう。
その脱毛における進化の方向性は「痛くない」に向いています。
痛くない永久脱毛、、、可能なのでしょうか?

結局のところ、痛い、痛くないは個人個人の感じ方でしかないわけですが、
それでも従来に比べて痛くない脱毛機が開発、普及しているのでそれで楽に脱毛ができるというわけです。

これは蓄熱式などと呼ばれていますが、皮膚内のバルジという部分に熱を加えて破壊する仕組み。ですが強い熱ではなくて温かいじんわりしたくらいの熱でバルジを破壊できるため、痛みに繋がりにくいというわけ。これは既にメンズ脱毛でもレディース脱毛でもどちらでも採用されており、広く一般に普及をしています。

具体的な脱毛機名を挙げるとメディオスターやソプラノアイスなどがそれに該当します。東京、大阪、名古屋、福岡、広島と言った大きな都市ではかなりの数の美容クリニックでそれらが導入済みとなってます。
参照:広島での永久脱毛

日本の医療が抱える問題とは

日本は世界の中で医療が比較的進んでいる国と言ってもよいでしょう。しかし、実際に病気になり病院にかかってみると、様々な問題に出会うことになります。特に患者の立場に立ってみると不安に感じることが多くあります。
特に顕著なのが3分診療と揶揄される診察時間の短さです。医師の数が限られていて仕方ないということは理解できなくはありませんが、簡単な問診だけで患者の状態をつかめているかという事は疑問です。患者側としても健康で意識がはっきりしているわけではなく、端的に自分の状況を伝えることができるわけではありません。その状況で、短時間の診療のみで適切な治療ができるという事は考えにくいです。もちろん説明にかけることができる時間も少なくなっているので、納得がいかないまま治療が進んでしまうという事もあります。
さらに、最近は電子カルテ化が進み、医師は診察をしながらパソコンに向かいデータを入れていくということが多くなっています。患者に背を向けてパソコンを操作している時間が多いため、患者に向き合う時間が少なくなってしまうのです。患者側としては不安ですし、状況をきちんと把握して治療ができるかという事を考えると、診療時間の短さと相まって問題が大きくなっていきます。
こうした問題が起きてしまう原因を考えると医師の数が少ないからということができます。しかし、医師の数を増やすという事は難しいでしょう。そこで重要になっているのが看護師や薬剤師、介護士など関連する職種との連携です。任せられるところは任せて負担を減らし、診療に集中できるような環境を作っていくことで改善できることはあるはずです。専門知識を持った事務職員などがデータの入力などを行う事で医師が入力する時間を患者と向き合う時間に当てることができるなどという事も考えられます。現在でもそれぞれの職種は自分の仕事として医療にかかわっていますが、立場を超えてコミュニケーションを密にし、患者の問題を共有していくという形が求められていくことになります。
今後は特に高齢化が進むという事もあり、病院に足を運ばざるを得なくなるという方は増えていくことになります。寿命が延びることでそれだけ病気と付き合う時間も長くなっていくのです。そこを支えていくことは人の暮らしを支えていくことでもあります。専門職同士の協力という事をまずは行っていくことで、医療の問題点を少しは解決へと進めていくことができるのではないでしょうか。