年賀状丸投げ間隔で楽にそして安く作る方法

家族がいる方は年賀状作りにもこだわりがあると思いますが、私のように特に使う写真もなく年賀状をひとつの通過儀礼として考えている場合はできるだけ安く業者に丸投げ間隔でサクッと作ってしまいたいという風に思う方が多いはず、

実際のところ丸投げでできる所何ていうのはありませんが、 常に用意されたいくつかのデザインを選んで自分の住所と名前を入れるだけで簡単に年賀状はできてしまいます。

後は印刷する注文枚数を入力するだけで自宅に年賀状が納品されますから何も難しいことはありません。

丸投げという言葉はいろんな2が含まれていると思いますが、このサイトでは私が徹底的にリサーチした印刷料金が安い年賀状業者3社をご紹介していきます。

写真を使わずにできる丸投げに似たような手軽さがあるところばかりです。

どのデザインを選べば最安値で年賀状が作れるかを分かりやすく説明していますから、各年賀状サイトへ行ってなんとなくこれは良さそうなというデザインを選んで実際に発注してみてくださいね。

今年の年賀状はここに丸投げする!安く作れる私のおすすめ3社

最安値はネットスクウェアでしょう

年賀状印刷で安いというキーワードで常に注目されているのがネットスクエアと言うサービスです。
ここは数年前からとにかく激安な印刷料金で人気があり、実際に利用者の口コミを見ても安さに引かれてここを利用している方が98%以上の割合でいらっしゃいます。

デザインもシンプルなものや記録などを安く済みそうな愛撫がいっぱい揃っていますから、後は感覚的にデザインを選んであなたの名前と住所を入力するだけでほとんど見えない感覚で安い年賀状が作れちゃいますよ。

ただし一つデメリットを挙げるとすれば宛名印刷が1枚10円かかってしまうこと。

それを考えても安いことに変わりはないのですが、別途料金がかかるというのはあまりに気持ちがいいものではありません。

意外と安いふみいろ年賀状

このふみいろ年賀状というところはいわゆるデザイナーズ年賀状が手軽に作れるところなんです。

安いといってもデザイナーズ年賀だとそれなりに高いと思うかもしれませんね。
でも実際見てみるとか分かるのですが、印刷料金として高いのは高画質な銀塩プリントホール品物だけです。
業務用レーザープリンターで作る年賀状であれば、デザイン自体は21ながらもとても安く済むのがポイントですよ。

ここも好きなデザインを選んだらあとは住所名前を入れるだけで丸投げ感覚でリーズナブルな年賀状が作れます。

またネットスクエアと比較してプラスナノが宛名印刷が無料ということ。

つまり50枚やっても100万やっても宛名印刷で提灯屋されることはありませんから非常に安心なわけです。

おたより本舗も宛名印刷がタダで安い!

さてお勧めの三つ目がお便り本舗です。

ココモ長期にわたるの年賀状業者に比べて印刷料金が同等レベルで安いです。

またデザイン的な特徴といえば結構面白系のものが揃っているのはという印象ですね。

ふみいろ年賀状はどちらかというと女性に人気がある業者になりますが、 おたより本舗の年賀状は性別問わずそして年代も問わずいろんな人が人気が集まりやすいです。

そして宛名印刷が無料なのでその点もとっても嬉しいですね。

写真を使わないサクッと出来るようなイラストのみの年賀状デザインがたっぷりありますので、ぜひお気に入りの一枚を選んで作ってみてください!

丸投げという意味ではポストへの投函もおすすめ

年賀状を丸投げで簡単に作りたいという人の場合は一言コメントも特に書かないことが多いでしょう。

それであれば年賀状の印刷の後にそのままポストに投函してくれるサービスを利用するのもいいと思います。

このサービスが使えるのはふみいろ年賀状とおたより本舗だけですが、どちらも俺は無料のオプションとして提供していますから誰でもお金を払わずに使うことができます。

印刷が終わった年賀状をチェックする必要がなければこういった無料保証も使いながら出来る限り丸投げに近い形で年賀状の準備を終わりにしたいですね!

楽をしたいならエクセルで宛名リストを作ろう!

年賀状で一番手間がかかるのが宛名を書く作業だと思います。時間がかかるうえに書き損じがあると年賀はがき代の63円が無駄になってしまうので結構痛いんですよね。

ここでおすすめの対応方法としてはエクセルを使って宛名リストをまとめ、それを各年賀状サイトのマイページでアップロードして新しい人を登録することです。

エクセルで編集すること自体が一見すると面倒にも見えますが一軒一軒登録するように比べたらこちらの方が遥かに楽です。

もしパソコンが使えて Microsoft Office も使える環境にあるならば是非エクセルでの宛名リスト管理をお勧めしますよ。

ちなみにどこの年賀状乗車でも専用の CSV ファイルをダウンロードし、 それに準拠する形で宛名リストを求めるのが通常のやり方になります。